2010年09月14日

9月のレインボーキッズ

こんどのレインボーキッズは9月25日(土)10時〜11時半。

をします。

今回は
室内ゲーム
をします。

費用はいつものとおり無料です。

どなたでも、ふるってご参加ください。

未就学児は、保護者またはお兄ちゃんかお姉ちゃんと一緒に来てください。

待ってま〜す。 わーい(嬉しい顔)
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レインボーキッズ | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

伊那聖書教会略史

前史

1595年(文禄4年)飯田城主京極高知が高遠で宣教師より洗礼。領民にキリシタン増。
1643年(寛永20年)中沢郷中曽倉(現駒ヶ根市)の四郎左衛門がキリシタンとして処刑。
1879年(明治12年)日本基督一致教会の神学生らによる高遠伝道。
1880年(明治13年)メソジスト教会松本教会と飯田教会による継続的な上伊那伝道。
1884年(明治17年)伊那坂下教会設立(現日本基督教団伊那坂下教会)。
1945年(昭和20年)終戦。

伊那聖書教会史

1952年(昭和27年)TEAM宣教師ミルドレット・スイフトとフィリス・チェンバレンが伊那伝道、高遠伝道を開始。古い集乳所を宣教師館として購入。P.チェンバレンは松原湖バイブルキャンプの働きを兼任。
1955年(昭和30年)P.チェンバレンが松原湖バイブルキャンプに転任。
1956年(昭和31年)TEAM宣教師ウィリアム・ソントン夫妻赴任、M.スイフトと共に伝道。
1958年(昭和33年)新任の藤後朝夫が初代牧師就任。「伊那聖書教会」と命名。
1959年(昭和34年)W.ソントン夫妻帰国。TEAM宣教師クララ・ロビンソン赴任。
1960年(昭和35年)日本同盟基督教団に加入。
1962年(昭和37年)TEAMが伊那宣教から撤退。M.スイフトとC.ロビンソンは長野へ転任(長野福音教会と安茂里聖書教会)。TEAMより宣教師館を会堂として購入。
1975年(昭和50年)会堂改修。
1978年(昭和53年)藤後朝夫が豊川に転任。北條和人が佐渡金井より第二代牧師として就任。
1991年(平成3年)北條和人が小竹町聖書に転任。城村英樹が豊川より第三代牧師として就任。
1992年(平成4年)新会堂献堂式。
2003年(平成15年)城村英樹が牧師辞任、退団。教団事務主事の西澤廣美が管理者、説教者として来会。新任の大杉至が第四代牧師として就任。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 教会基本情報 | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

ミレトでの決別説教を学ぶ#1 「謙遜と涙と試練と共に主に仕える」(使徒20:18〜19)

これは水曜祈祷会でのメッセージです。


 使徒行伝には十数回パウロの説教が記録されている。その中でこのミレトでの説教は、パウロ自身が牧会してきた教会員(長老たち)に対する説教として唯一の箇所であり、独特の内容を持っている。この決別説教をもって使徒行伝におけるパウロの伝道旅行(東地中海世界での伝道)は終了する。その締めくくりの説教でもある。


続きを読む
posted by 管理人 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

人数

「教会の人数は何人ぐらいですか」と尋ねられたときには牧師はいつも「礼拝出席は30〜40人です。そのうち小学生・未就学児合わせて10人ぐらいです。」と答えております。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会基本情報 | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

南から北上しながら国道153号線で来る場合

自動車で国道153号線を通って教会堂に来る場合、荒井交差点で曲がります。その写真を掲載します。
このエントリーでは南から北上する場合を説明します。宮田村、駒ヶ根市、飯島町、中川村、下伊那郡、飯田市方面などから来る場合です。伊那市内ですと西春近や沢渡などから来る場合です。

IMG_0461.JPG国道153号線を北上してくると道路の右側に天竜川、右手にホテルセンピアが見えます。写真中央の左よりに信号機がありますがそこが荒井交差点です。

IMG_0464.JPG荒井交差点です。ここを右折して橋を渡ります。

IMG_0471.JPG橋を渡ったところ。

教会入口.jpgここを入ると、

IMG_0483.JPG教会堂です。庭の駐車スペースに自動車を停めてください。

posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教会までの道順 | 更新情報をチェックする