2013年07月18日

講演会「社会的ひきこもりの人の支援」(7/21)のお知らせ

ひきこもり講演チラシ教会21日カラーs.jpg
講演会 『社会的ひきこもりの人への支援』
日時: 7月21日(日) 午後1:30〜3:00
場所: 伊那聖書教会(ホテルセンピア向かい)
講師: 青木美久(よしひさ)さん (NPO法人スマイルハウス代表)
体験談: ヒロ さん 
参加費: 無 料 (自由献金があります)


どなたでも出席できます。
お気兼ねなくいらしてください。
なお講師の方は、講演会終了後、個別相談に応じてくださいます。


講師プロフィール: 青木 美久(あおき・よしひさ、50歳)
青木美久3s.jpg
 父はアルコール依存症、母は鬱病のもと、5歳まで養護施設で育つ。卒院後、両親と同居するが、父、母とも蒸発等を繰り返す、不安定な家庭環境の中育つ。
 小学校時より、精神的に不安定で、登校できず、中学で自殺未遂、高校中退後、自宅から外出できずひきこもりの状態に、25歳で教会に導かれ、受洗。
教会のお手伝いなどをしながら、リハビリ活動に専念する。25歳でひきこもりや、不登校児、家庭に恵まれない子どもたちを支援する活動を始める。25年間の支援で100人程の人たちを回復に導くお手伝いをさせていただきました。

体験談: ヒロ (24歳)
ヒロs.jpg
 15歳でアスペルガー、ADHDとの診断をされる。小学、中学とひどいいじめにあい、不登校になる。家庭内暴力、その他で警察にもお世話になりました。様々な施設を渡り歩き、最後にサポートセンター名古屋にたどり着く、5年間の個別支援を受けその後、インターナショナルハイスクールを卒業、現在フィリピンにて大学に在学しながら貧困地区の子ども達を助けるボランティアに邁進する日々を送っている。
 「ドラゴンボール命です!!」


この方々の働きや日々の営みについては以下のブログをご覧になるとよくわかります。
http://smilehousejapan.hatenablog.com/
「発達障害な僕たちから」

http://supportcenternagoya.blog.fc2.com/
「社会的ひきこもりサポート日記」

http://www.youthsupport.jp/
「青少年生活就労自立サポートセンター名古屋」


問い合わせ
伊那聖書教会 牧師 大杉 至 (伊那市狐島4492)
電話:0265-72-5564 携帯:090-9376-6210 メール:iohsugi@gmail.com


※「社会的ひきこもり」……「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人との交流をほとんどせずに、6ヶ月以上続けて自宅にひきこもっている状態。時々は買い物などで外出することもあるという場合も含む。(厚労省)」

チラシのpdfはひきこもり講演チラシ教会21日カラー.pdf
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

リニア問題勉強会の案内

日 時 2012年7月29日(日)午後1:00〜3:00
会 場 伊那聖書教会(伊那市狐島4492。電話 0265-72-5564)
          (ホテルセンピア向かい)
講 師 松島信幸さん(理学博士。高森町在住)
資料代 500円。

リニア中央新幹線について、賛成・反対の前に、まずは中身を知ってみませんか?

 現在、長野県を横断するリニア中央新幹線計画が進んでいます。これは、JR東海が約9兆円をかけて、東京〜名古屋を2027年までに、東京〜大阪間を2045年までに開業し、「超電導磁気浮上式リニアモーターカー」を走らせるというものです。昨年5月に国交省中央新幹線小委員会は、南アルプスに長大なトンネルを掘る直線ルート(いわゆるCルート)を妥当とする最終答申を出しました。それに先立つパブリックコメント(国民の意見)では反対や見直しを求める意見が7割を越えた一方、早期開業を求める意見は5%にも満ちませんでした。しかし国交省は、国民の意見を無視し、整備計画を決定しました(2011年5月26日)。昨年3月の東日本大震災と福島第一原発事故を経て、安全対策、経済や社会構造、エネルギー政策のあり方そのものが問われている状況において、このような巨大開発も見直すときではないでしょうか。在来新幹線の3倍の電力を消費するとも言われるリニア。リニアのために原発5基が必要になるとも言われています。線路のほとんどが地下トンネルとも言われています。安全性に問題はないのでしょうか。本州唯一の原生林環境保全地域である南アルプス。複雑な地質の南アルプスの工事に問題はないのか、土砂崩れの危険、岩刷りの処理、水源の問題、活断層や隆起の問題、人口流出、地域コミュニティーの問題、地域振興のあり方、電磁波の問題、財源の問題、採算性の問題、技術の諸問題など、多くの疑問や問題を抱えたリニア中央新幹線計画について学び、ともに考えてみませんか。

講師プロフィール
松島信幸のコピー.jpg
 松島信幸さん
 理学博士。専門は地質学。長年小中学校の理科教師をつとめ、在職中から伊那谷各地の地質調査に歩き回った。断層地図に記録されている伊那谷の断層のほとんどは松島さんが足で集めた記録。南アルプスと中央アルプスの成立と伊那谷活断層帯の発見、中央構造線の地震履歴を解明する。環境団体「伊那谷自然友の会」を1985年に発足(現会員数1200名)。伊那谷自然友の会常任委員。飯田市美術博物館顧問。日本地質学会名誉会員。元長野県治水・利水ダム等検討委員会委員。著書に『伊那谷構造盆地の活断層と南アルプスの中央構造線』『伊那谷の造地形史』『信州南部活断層地質図』など。高森町在住。

(『美味しんぼ 104巻』にも登場されています。)








問合せは大杉 至(伊那聖書教会牧師)まで。携帯 090-9376-6210、メールiohsugi@gmail.com
案内チラシのpdfファイルはここ

jpeg画像は↓
linear20120729.jpg


posted by 管理人 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

講演会『ひとり暮らし・高齢者世帯への理解と支援』〜住み慣れたまちで共に生きるために〜

講演会のお知らせです。

日 時:9月18日(日) 午後1:30〜3:00
場 所:伊那聖書教会(ホテルセンピア向かい)
参加費:無料
講 師:井上貴詞さん (東京基督教大学専任教員・介護福祉士・社会福祉士・主任介護支援専門員)

テーマ:『ひとり暮らし・高齢者世帯への理解と支援』〜住み慣れたまちで共に生きるために〜

どなたでも出席できます。お気兼ねなくいらしてください。


講師プロフィール
井上貴詞(いのうえ・たかし)
茨城県土浦市出身。
1987年日本福祉大学卒業。
特別養護老人ホームに就職し、21年間介護と相談業務に従事。
2008年4月より東京基督教大学 国際キリスト教福祉学科 専任教員。
2010年ルーテル学院大学大学院博士前期課程修了。
介護福祉士・社会福祉士・主任介護支援専門員。
各地のヘルパー養成講座やケアマネジャー研修会等で研修講師を務めている。
主な著書(共著)、論文
『福音を生きる―文化の形成をめざして―』いのちのことば社(2002年)
「ケアマネに必要なコーチングの考え方」『ICFの理念を現場で活かすポジティブな介護支援のヒント集』茨城県県南ケアマネジャー懇話会(2007年7月)
「福祉人材の育成とコンピテンシー」東京基督教大学紀要(2010年)
「社会福祉基礎構造改革の理念と今日の社会福祉への継承」東京基督教大学紀要(2011年)
「地域の高齢者と共に生きる」月刊『いのちのことば』に連載(2010年9月〜2011年8月)
posted by 管理人 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

7月のレインボーキッズの様子

7月のレインボーキッズはよいお天気の中、3つのビニールプールに水を入れて、皆で水遊びをしました。

子どもたちも楽しく遊びました。

IMG_2068.JPG


IMG_2069.JPG


posted by 管理人 at 14:04| Comment(1) | TrackBack(0) | レインボーキッズ | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

7月のレインボーキッズのご案内

scanimg102b.jpg

こんどのレインボーキッズは7月23日(土)10時〜11時半。

今回は、

でっかいプールで水遊び

をします。

費用はいつものとおり無料です。

どなたでも、ふるってご参加ください。

未就学児は、保護者またはお兄ちゃんかお姉ちゃんと一緒に来てください。

待ってま〜す。手(パー)
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レインボーキッズ | 更新情報をチェックする