2020年04月12日

わたしはよみがえりです(ヨハネ20:1〜18)

2020年4月12日 復活日礼拝

1 さて、一週の初めの日に、朝早くまだ暗いうちに、マグダラのマリヤが墓に行くと、墓から石がとりのけてあるのを見た。2 そこで走って、シモン・ペテロとイエスが愛しておられた、もうひとりの弟子のところへ行って、彼らに言った、「だれかが、主を墓から取り去りました。どこへ置いたのか、わかりません」。3 そこでペテロともうひとりの弟子は出かけて、墓へむかって行った。4 ふたりは一緒に走り出したが、そのもうひとりの弟子の方が、ペテロよりも早く走って先に墓に着き、5 そして身をかがめてみると、亜麻布がそこに置いてあるのを見たが、中へははいらなかった。6 シモン・ペテロも続いてきて、墓の中にはいった。彼は亜麻布がそこに置いてあるのを見たが、7 イエスの頭に巻いてあった布は亜麻布のそばにはなくて、はなれた別の場所にくるめてあった。8 すると、先に墓に着いたもうひとりの弟子もはいってきて、これを見て信じた。9 しかし、彼らは死人のうちからイエスがよみがえるべきことをしるした聖句を、まだ悟っていなかった。10 それから、ふたりの弟子たちは自分の家に帰って行った。11 しかし、マリヤは墓の外に立って泣いていた。そして泣きながら、身をかがめて墓の中をのぞくと、12 白い衣を着たふたりの御使が、イエスの死体のおかれていた場所に、ひとりは頭の方に、ひとりは足の方に、すわっているのを見た。13 すると、彼らはマリヤに、「女よ、なぜ泣いているのか」と言った。マリヤは彼らに言った、「だれかが、わたしの主を取り去りました。そして、どこに置いたのか、わからないのです」。14 そう言って、うしろをふり向くと、そこにイエスが立っておられるのを見た。しかし、それがイエスであることに気がつかなかった。15 イエスは女に言われた、「女よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか」。マリヤは、その人が園の番人だと思って言った、「もしあなたが、あのかたを移したのでしたら、どこへ置いたのか、どうぞ、おっしゃって下さい。わたしがそのかたを引き取ります」。16 イエスは彼女に「マリヤよ」と言われた。マリヤはふり返って、イエスにむかってヘブル語で「ラボニ」と言った。それは、先生という意味である。17 イエスは彼女に言われた、「わたしにさわってはいけない。わたしは、まだ父のみもとに上っていないのだから。ただ、わたしの兄弟たちの所に行って、『わたしは、わたしの父またあなたがたの父であって、わたしの神またあなたがたの神であられるかたのみもとへ上って行く』と、彼らに伝えなさい」。18 マグダラのマリヤは弟子たちのところに行って、自分が主に会ったこと、またイエスがこれこれのことを自分に仰せになったことを、報告した。
(口語訳。礼拝では新改訳2017)


主はよみがえられた。私たちは、主は死者の中からよみがえられたのだと信じる。

それは日曜日の朝だった。週の初めの日の朝まだ暗い時間。マグダラのマリアが墓に向かった。その足取りは重かった。しかしそこで生けるキリストに出会った。そして彼女は変わった。私たちもキリストにあって変えられるのである。
私たちは復活の主を仰ぎ見る。それが礼拝の真意である。会堂でも自宅でも主は同じ主である。

主は言われた。「わたしはよみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は死んでも生きるのです。(ヨハネ11:26)キリストはよみがえりの主である。

人は死ぬ。死んだ者は敗北者か?いや、勝利者である。しかし死んだ者は地上では答えることができない。それゆえ死んだ者に代わって、遺された私たちが言う。「あなたは死に勝ったのだ」と。死んでよみがえった主があなたと共にいてくださるから、あなたも死んでもよみがえるのだ」と私たちは力強く言おう。「我は……からだのよみがえり、とこしえのいのちを信ず」と常に告白し続けてきたことが真実であることを告げよう(加藤常昭「死に打ち勝つ慰め葬式説教をいかに語るか」より改変)。これが私たち教会がこの世に存在する意味である。

主にあって死んだ者は、死に打ち勝つのである。あなたは主につながっているから、あなたもよみがえる。あなたの足を洗ってくださったお方がよみがえられたから、あなたもよみがえる。あなたがお迎えしたお方がよみがえられたのだから、あなたもよみがえる。あなたが愛を注がれたお方がよみがえられたのだから、あなたもよみがえる。

復活の主はマリアに言った。「わたしにすがりついていてはいけません」(17節)見える主にすがりつくことは、主が天に上げられることを妨げ、聖霊が与えられることを止めることになりかねない。私たちも何かにすがりついているものがあるならば、それを手放そう。見えざる主との新しい関係に歩み出そう。復活の主はそれを後押しし、祝福してくださる。

復活は死に勝利したということである。死に勝利するとはどういうことか?死ななくなるということか?そうではない。人が死ぬことに変わりはない。しかし新しいいのちによみがえるのである。永遠のいのちとしてよみがえるのである。死は人生の終わりではない。死は新しいいのちの始まりである。

私たちは恐れる。しかし主の復活は私たちから恐れを取り去る。主は共におられる。それゆえ私たちは死を恐れなくてよい。何を恐れているのか?畏れるべきは主のみである。それ以外は恐れる必要がない。

今世界は不安と恐れの中にある。復活の主を仰ぎ、平安をいただこう。希望を抱き、互いの命を大切にしつつ、それぞれの地上の歩みを責任をもって全うしよう。


posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う感染防止の徹底について

2020年4月10日

はじめに

伊那保健所管内では4月6日に1名、8日に2名の感染者の公表がありました。現時点では市中感染が否定できませんので、今後2週間はさらに慎重な行動が求められます。役員会で協議し、感染防止対策を一層強化して会堂礼拝を続けることといたしました。市中感染の有無が判明する約2週間(19日まで)の主日礼拝について、これまでの対策と合わせて以下の通りにいたします。

1. 12日(日)と19日(日)の主日礼拝は以下の通りとします。
(1) 9時の礼拝に出席できる方はそちらにご出席ください。

(2) 会堂に出入りする際には、必ず手指消毒・手洗いをしてください。手指消毒・手洗いの困難な方は手袋等を着用してください。

(3) マスク(市販・自作)を着用してください。ハンカチ、タオル、バンダナ、マフラー、ネックウォーマー、フェイスガード等でも結構です。

(4) 着席の際は以下の図のように左右の間隔を空けてください。前後の方とは、イス一つ分以上、間隔を空けてください。パイプイスに座られても結構です。ご家族は並んで座っていただいて結構です。

例1 ◎が着席場所です

sheet1.jpg

例2 ご家族は並んで座っても結構です

sheet2.jpg

(5) 食堂にも若干名座ってくださるようお願いします(中のガラスを外します)。

(6) 9時と10時半の間に一定時間窓を空けて換気をします(室内温度が下がりますので、必要な方は膝掛け等をご持参ください)

(7) 会衆賛美、リタニー、交読、使徒信条の唱和はいたしません(司会者が朗読します)。

(8) 体調のすぐれない方、カゼ症状の方は無理せず、ご自宅でお休みください。

2. 水曜祈祷会は当面中止とします。

3. 土曜夕拝は行います。出席希望者は事前に牧師までご連絡ください。ご家族経由でも結構です。

4. 今後については、以下を目安に、役員会で協議します。

(1) 今後2週間、伊那保健所管内で感染者がない場合
 会衆賛美、リタニー、交読、使徒信条等は、会衆と共に献げる礼拝に戻します。

(2) 市中感染が拡大する場合
 会堂礼拝を中止し、各自自宅礼拝とします。

(3) 国が治療薬を承認した場合(早ければ夏頃か?)
 通常の礼拝に戻します。

主の恵みと平安がありますように
伊那聖書教会 牧師 大杉至
posted by 管理人 at 11:54| Comment(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

完了した

2020年4月5日 棕櫚の主日礼拝

17 イエスはみずから十字架を背負って、されこうべ(ヘブル語ではゴルゴタ)という場所に出て行かれた。18 彼らはそこで、イエスを十字架につけた。イエスをまん中にして、ほかのふたりの者を両側に、イエスと一緒に十字架につけた。19 ピラトは罪状書きを書いて、十字架の上にかけさせた。それには「ユダヤ人の王、ナザレのイエス」と書いてあった。20 イエスが十字架につけられた場所は都に近かったので、多くのユダヤ人がこの罪状書きを読んだ。それはヘブル、ローマ、ギリシヤの国語で書いてあった。21 ユダヤ人の祭司長たちがピラトに言った、「『ユダヤ人の王』と書かずに、『この人はユダヤ人の王と自称していた』と書いてほしい」。22 ピラトは答えた、「わたしが書いたことは、書いたままにしておけ」。23 さて、兵卒たちはイエスを十字架につけてから、その上着をとって四つに分け、おのおの、その一つを取った。また下着を手に取ってみたが、それには縫い目がなく、上の方から全部一つに織ったものであった。24 そこで彼らは互に言った、「それを裂かないで、だれのものになるか、くじを引こう」。これは、「彼らは互にわたしの上着を分け合い、わたしの衣をくじ引にした」という聖書が成就するためで、兵卒たちはそのようにしたのである。25 さて、イエスの十字架のそばには、イエスの母と、母の姉妹と、クロパの妻マリヤと、マグダラのマリヤとが、たたずんでいた。26 イエスは、その母と愛弟子とがそばに立っているのをごらんになって、母にいわれた、「婦人よ、ごらんなさい。これはあなたの子です」。27 それからこの弟子に言われた、「ごらんなさい。これはあなたの母です」。そのとき以来、この弟子はイエスの母を自分の家に引きとった。28 そののち、イエスは今や万事が終ったことを知って、「わたしは、かわく」と言われた。それは、聖書が全うされるためであった。29 そこに、酢いぶどう酒がいっぱい入れてある器がおいてあったので、人々は、このぶどう酒を含ませた海綿をヒソプの茎に結びつけて、イエスの口もとにさし出した。30 すると、イエスはそのぶどう酒を受けて、「すべてが終った」と言われ、首をたれて息をひきとられた。
(口語訳。礼拝では新改訳2017)


人は生まれ、そして死んでいく。
人はそれぞれ様々な人生を経験するが、皆いつか死んでいく。
若くして死ぬ人。
年老いて死ぬ人。
病気で死ぬ人。
事故で死ぬ人。
殺されて死ぬ人。
どんな終わりの迎え方があるにせよ、人は皆いつかは死んでいく。

自分が死ぬことに現実味がないときは、「いつ死んでもいい」と言える。
しかし死が現実に差し迫ったとき、人は死を恐れるものである。
人間とはそういうものである。
クリスチャンも例外ではない。
「クリスチャンというものは、自分の死が迫ったら慌てず安らかに死を受け入れるものだ」という幻想があるかもしれないが、それはやはり幻想なのだ。
105歳で亡くなったクリスチャン医師の日野原重明さんも、亡くなる半年前に「死ぬのは怖い」と言っていた。
それが本当の気持ちだろう。
キリスト教を嘘臭くしてはいけない。
嘘臭いと安っぽく聞こえる。

「死が現実に迫ったときに、安らかに死を受け入れる」ことを願うのは、本人よりも遺されていく人々のほうだろう。
ならば、私たちが自分の死を安らかに受け入れていくことは、自分のためというよりも、遺されていく者たちへの最後の愛の務めだと言えるかもしれない。

確かに「自分の死が迫ったら慌てず安らかに死を受け入れるものだ」というのは幻想だろう。
しかしそれが全くないわけでもない。
全く不可能というわけでもない。
少なくとも理想ではあり得る。
理想を笑ってはいけない。

人生の後半は、自分の死を安らかに受け入れていくための長い準備期間として過ごしていきたい。
少なくとも今日の時点での私の思いはそうである。
人生の前半はよりよく生きるために、人生の後半は安らかに死ぬために、神の前を誠実に歩みたい。
人生の終わりに「私は主にあって人生を全うさせていただいた」と思えるような人生でありたい。
そのために、私たちは主のみ声を聞かなければならない。

私たちの主は十字架で死ぬとき「完了した」と言われた(ヨハネ19:30)。
神のみこころに従い、救いのみわざを成し遂げられた。
世の罪を背負い、苦しまれ、人間としてのあらゆる尊厳を奪われ、虫けらのように死んでいくことによって、地べたを這いつくばって生きているすべての人間さえも救うという、およそ人間には考えられない凄まじい方法によって救いを成し遂げられたのである。

主は十字架死ぬとき「完了した」と言われた。
主が成し遂げ、完了されたのである。
私たちは救いのために何もしなくてよいのである。
そう、何もしなくてよいのである!
ただこのお方に対する感謝をもって生きればよいのである。

努力することがあるとすれば、ただ主に対する感謝を表すために努力することである。
誰に対してもひとりの人間として扱うための努力。
自分もひとりの人間として扱う努力。
神に礼拝を献げるのも、ただただ感謝を表すためにこそある。
それが人間らしさというものである。

主は「完了した」と言われた。
私たちが死ぬとき、主は私たちを抱えてくださり、「完了した」と仰ってくださる。
主はそう仰って、私たちの人生を認めてくださり、死んで後に新しい世界によみがえらせてくださるのである。

「完了した」と言われた主の言葉を心に響かせながら、すべてを主の手に委ね、今週も歩んでいきたい。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

イエスにとどまる

2020年3月29日 四旬節第5主日礼拝

1 わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。2 わたしにつながっている枝で実を結ばないものは、父がすべてこれをとりのぞき、実を結ぶものは、もっと豊かに実らせるために、手入れしてこれをきれいになさるのである。3 あなたがたは、わたしが語った言葉によって既にきよくされている。4 わたしにつながっていなさい。そうすれば、わたしはあなたがたとつながっていよう。枝がぶどうの木につながっていなければ、自分だけでは実を結ぶことができないように、あなたがたもわたしにつながっていなければ実を結ぶことができない。5 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。もし人がわたしにつながっており、またわたしがその人とつながっておれば、その人は実を豊かに結ぶようになる。わたしから離れては、あなたがたは何一つできないからである。6 人がわたしにつながっていないならば、枝のように外に投げすてられて枯れる。人々はそれをかき集め、火に投げ入れて、焼いてしまうのである。7 あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたにとどまっているならば、なんでも望むものを求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。
(口語訳。礼拝では新改訳2017)


「わたしはぶどうの木、あなたがたは枝です」(5節)と主は語られた。主は既に私たちとつながってくださっておられる。今はその状態にあることを覚えて、主に感謝をしたい。

主とのつながりに不安を感じている人々の声を聞くことがある。「自分の状態を見ると主につながっているとは思えない」という。そう感じるクリスチャンは少なくない。その不安な気持ちも分かる。

しかし主の御声を聞こう。「あなたがたは、わたしがあなたがたに話したことばによって、すでにきよいのです」(3節)。私が何かをしたのではなく、主がしてくださったのである。そのことを心に留めよう。

「自分の状態がよくなったら主とつながろう」ではない。大切なことは、どんなときも、主を思い出すことである。自力で自分の状態をよくしてから、主とつながろうとしても何もできない(5節)。

主につながっていても状況が悪いときもある。痛みを経験することもある。それは豊かな実を結ぶための試練である(2節)。試練は不幸でも呪いでもない。試練の時こそ、主を心に浮かべ、主とつながっていることを信じ、主に留まることを意識しよう。主は私たちの中に希望を起こしてくださる。

実りとは、結局のところ、私たちが主に似た者となるということである(ローマ8:29参照)。主と同じ愛の心、主と同じ生き方に近づく。私たちが主に留まり続けるなら、そうなっていくのである(5節)。

主とのつながりは、私たちの心の中の経験としてあるものだが、それを外面的に確かにしたいという欲求がある。伝統的に教会は、会堂に集って主日礼拝を献げることによって、主とのつながりを外面的に確かにしてきた。それは正しい。しかし今はそれが難しい状況にある。

新型コロナウイルスの感染爆発を防ぐために、東京都知事はこの土日の外出自粛を要請した。都内の教会も対応に追われ、会堂に集まって献げる礼拝を中止し、自宅で礼拝を献げることに決めた教会も少なくない。

この上伊那では現時点では感染者の公式な報告はなく、感染爆発が予想される状況にはないが、今後どうなるかわからない。

差し当たり4月末までは、これまでどおり感染防止対策につとめていただくと共に、密閉・密集・密接を避けるために、分散して礼拝に出席していただきたい。

今は集まることの意味を改めて考えるときである。なぜ私たちは集まるのか。

確かに、信者同士の横のつながりは大切である。しかし「枝と枝のつながり」「信者と信者のつながり」が最終目的ならば考え直さなければならない。

大切なことは、集まることによって「木と枝のつながり」「主と信者のつながり」を知ることである。他者の主に対する信仰、すなわち他者の中で働く聖霊が、私の中でも働いてくださることに知ることである。

より重要なことは、他者を通して主の御声を聞くことである。説教はそのためでもある。

私たちは一週間ほとんど会堂に集まることなく過ごす。むしろそれが普通の状態である。これから私たちは世に出て行き、それぞれの場に遣わされていく。そのところで、何ごとに付け、主を思い出せるならばその人は幸いである。いつでも主を思い出せるように、工夫することはよいことである。

集まることが難しいときこそ、主とつながっていることを意識して、慰めと力をいただこう。それがイエスにとどまることになる。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | 礼拝説教 | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

足を洗う(ヨハネ13:1〜17)

2020年3月22日 四旬節第4主日礼拝

1 過越の祭の前に、イエスは、この世を去って父のみもとに行くべき自分の時がきたことを知り、世にいる自分の者たちを愛して、彼らを最後まで愛し通された。2 夕食のとき、悪魔はすでにシモンの子イスカリオテのユダの心に、イエスを裏切ろうとする思いを入れていたが、3 イエスは、父がすべてのものを自分の手にお与えになったこと、また、自分は神から出てきて、神にかえろうとしていることを思い、4 夕食の席から立ち上がって、上着を脱ぎ、手ぬぐいをとって腰に巻き、5 それから水をたらいに入れて、弟子たちの足を洗い、腰に巻いた手ぬぐいでふき始められた。6 こうして、シモン・ペテロの番になった。すると彼はイエスに、「主よ、あなたがわたしの足をお洗いになるのですか」と言った。7 イエスは彼に答えて言われた、「わたしのしていることは今あなたにはわからないが、あとでわかるようになるだろう」。8 ペテロはイエスに言った、「わたしの足を決して洗わないで下さい」。イエスは彼に答えられた、「もしわたしがあなたの足を洗わないなら、あなたはわたしとなんの係わりもなくなる」。9 シモン・ペテロはイエスに言った、「主よ、では、足だけではなく、どうぞ、手も頭も」。10 イエスは彼に言われた、「すでにからだを洗った者は、足のほかは洗う必要がない。全身がきれいなのだから。あなたがたはきれいなのだ。しかし、みんながそうなのではない」。11 イエスは自分を裏切る者を知っておられた。それで、「みんながきれいなのではない」と言われたのである。12 こうして彼らの足を洗ってから、上着をつけ、ふたたび席にもどって、彼らに言われた、「わたしがあなたがたにしたことがわかるか。13 あなたがたはわたしを教師、また主と呼んでいる。そう言うのは正しい。わたしはそのとおりである。14 しかし、主であり、また教師であるわたしが、あなたがたの足を洗ったからには、あなたがたもまた、互に足を洗い合うべきである。15 わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしは手本を示したのだ。16 よくよくあなたがたに言っておく。僕はその主人にまさるものではなく、つかわされた者はつかわした者にまさるものではない。17 もしこれらのことがわかっていて、それを行うなら、あなたがたはさいわいである。
(口語訳。礼拝では新改訳2017)


十字架に掛かる前夜、イエスは弟子達と共に夕食(2節)を食べた。それが最後の晩餐となった。そのとき、イエスは弟子の足を洗った(4〜5節)。これには弟子達は驚いた。

当時は裸足で道を歩いていた。夕食の際には足を洗うのは当然のこと。問題は誰が足を洗ったのかだ。

他人の足を洗うのは奴隷や下僕の仕事である。主が弟子に仕えた。これが弟子達には問題に映った。「弟子こそが主の御足を洗わなければならないのに……」と思ったに違いない。弟子のペテロが「決して私の足を洗わないでください」(8節)と言ったのも当然の反応である。

しかしイエスは「わたしがあなたを洗わなければ、あなたはわたしと関係ないことになります」と言って、足を洗い続ける。イエスと関係がなくなると言われて、ペテロは足を洗われるままに身を委ねた。

イエスはすべての弟子の足を洗った後、「わたしがあなたがたに何をしたのか分かりますか」と尋ねた(12節)。

イエスは弟子の罪を赦す。足を洗わない者がいないように、罪の赦しを必要としない者は誰もない。イエスの十字架を必要としない者は誰もいないのである。

多くの者は、自分はイエスと関係があるとは思っていない。しかし私たちクリスチャンは、イエスと関係があることを知っている。

イエスに足を洗われたように、私たちも主とつながっている。そのことを教えられる。

主であるお方が仕える者となった。主が模範を示された(13節)。「あなたがたもそうありなさい」と主は教えている。

かつて弟子達は、自分たちの中で誰が一番偉いか、と言い争ったことがあった。主は「権力を振るい人を支配する者が偉いのだと、異邦人(異教徒)は思っている。しかしあなたがたはそうであってはならない。偉くなりたい者は皆に仕える者になりなさい」と教えられた(マタイ20:26〜27)。

この世では、強い者が他者を支配し、弱い者が服従するのが当然と思っている。しかし互いに仕え合う世界。これが神の国の生き方。これが新しい世界の生き方である。今日の箇所もそのことを教えている。

私たちが人を支配しようとしているときは、私たちがイエスと関係が切れているときである。

弱い人ほど人を支配したがるものだ。本当の強さは、人を支配することにではなく、人に仕えることにある。そして真の強さは主から与えられるのである。

「互いに」(14節)と主が言われたことは大切なことである。私たちは神のように一方的な恵みを施すことはできない。私たちは相互に恵みを与え合う存在である。私たちにできることは、主イエスを思い起こしながら、「互いに」仕えることである。

誰かから仕えられたとき。それを当然と思わず、今後は自分が誰かに仕えようと思う。そのことを教えられる。

主は「これらのことが分かっているなら、そして、それを行うなら、あなたがたは幸いです。」と言われた(17節)。これは祝福を伴った約束である。

これは過去の物語でもあり、また未来の物語でもある。私たちが将来、隔ての壁を乗り越えて、互いに足を洗い合う。私たちの子孫が、隔ての壁を乗り越えて、互いに足を洗い合う。主にあって、そのような世界の完成する未来を待ち望みつつ、今できることをなそう。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | 礼拝説教 | 更新情報をチェックする