2020年04月26日

神に祈る(マタイ6:5〜8)

2020年4月26日 復活節第3主日礼拝



5 また祈る時には、偽善者たちのようにするな。彼らは人に見せようとして、会堂や大通りのつじに立って祈ることを好む。よく言っておくが、彼らはその報いを受けてしまっている。6 あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。7 また、祈る場合、異邦人のように、くどくどと祈るな。彼らは言葉かずが多ければ、聞きいれられるものと思っている。8 だから、彼らのまねをするな。あなたがたの父なる神は、求めない先から、あなたがたに必要なものはご存じなのである。
(口語訳。礼拝では新改訳2017)


 6節。「隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。」と主イエスは言われました。祈るときは「あなたの父に祈りなさい」すなわち「あなたの父なる神に祈りなさい」と教えておられます。主イエスは神さまを「父」と呼ばれます。子どもが親に「ねえ、お父さん」「ねえ、お母さん」と親しく呼びかけるように、あなたも神さまに親しく呼びかけてよいのだよ、それが祈りなのだよ、と主は教えておられます。

 「神は隠れたところにおられる」というのは深みのある表現です。さらに続けて「隠れたところで見ておられる」と繰り返されていることからも分かるように、このことが祈るときにとても大切な視点であることを教えられます。

 私たちからは神さまは見えませんし、どこにおられるのか分かりません。しかし神さまは私たちのことをご存じで、私たちのことをよく見ておられます。
 「神は隠れたところにおられる」というのは、目に見えないということだけはありません。神がおられるようには思えないとき、それでも神はおられるのです。ただ、私たちからは神が隠れておられるように感じるだけなのです。「ご自分を隠す神」(イザヤ45:15)です。

 祈れないときもあるかもしれません。そんなときも無理に祈ろうとせずとも、ただ一言「神さま……」と呼びかけてみてください。それでよいのです。それが祈りなのですから。

 神さまは私たちに必要なことをすべて知っておられます(8節)。ですから祈れないときは、ただ一言でも「神さま……」と呼びかけてみてください。そして祈れるようになったら、嬉しいこと、悲しいこと、腹が立つこと、不安なこと、困っていること、必要なもの、そして感謝なこと、なんでもよいので、神さまに話しかけてみてください。神さまは聞いてくださいます。

 このように祈りは神さまに話しかけることですから、神さまに意識を向けることが大切です。たとえ祈りの時に周りに他人がいたとしても、他人からよく思われようとしなくてよいのです。

 それでも、周りに他人がいると、どうしてもそちらが気になる、ということはあるかもしれません。
 実際「自分の祈りが恥ずかしくて人前で祈れない」という悩みを聞くことがあります。そういうクリスチャンは結構いるのかもしれません。実は私もそうです。突然、祈りの指名をされると困ってしまいます。また祈りの豊かな人たちと一緒に祈るときはとても緊張します。何年経っても自分の祈りが貧しくて情けなく思います。50代の今は、だいぶそんな思いから解放されましたが、正直今でも私は人前で祈るのが苦手です。たぶん、祈りによって他人からマイナス評価をされることを気にしているのだろうと思います。人前で祈れない方々も似たような気持ちなのかもしれません。祈るときに神を思わず、周りの他人のことを気にしてしまうのです。

 「祈りは神に祈るのであって、他人に見せるためにするものではない」と言われます。それは分かっているのですが、周りの他人の評価を気にする気持ちはなかなか厄介なものです。

 5節にあるように、人前で祈るときに自己アピールをする人のことを偽善者だと、主イエスは言われました。「偽善者」とは「善いことをしている振りをする人」のことですね。祈りは善いことです。しかしそれを自分の栄光のために使うとしたら、それは偽善だということです。「ぎぜんしゃ」というのはきつい言葉ですね。

 人前で自己アピールをする祈りは偽善的な祈りとしてわかりやすいのですが、先ほどの私のように、祈るときに他人からマイナス評価をされたくないと思いながら祈ることもまた、ある種の偽善ということになります。また一見、赤裸々な祈りのようでありながら、赤裸々に祈れる自分の評価をどこかで計算しながら祈っているとすれば、それもまた形を変えた偽善ということになるでしょう。

 どういう形であろうと、神に心が向かず、他人からの評価に心が向いた祈りは偽善であり、それはもはや祈りとは呼べないということになるかもしれません。おそらく全ての人にこのような傾向はあると思われます。誰もが祈りの中で的外れなことをしているのです。
 そう考えますと、すべての人間の祈りの中にも、罪が潜んでいるということになります。

 神さまは、そんな私たちのことをご存じの上で、「それでもよいから、わたしに話してごらん」と語りかけておられます。

 周りの他人が気になるなら、他人の目が気にならないところで神に祈ればよいですね(6節)。そして今度は周りに他人がいても、神さまに意識を集中できるようになれたらよいですね。

祈りましょう。


posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | 礼拝説教 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。