2020年04月19日

信じる者は幸い(ヨハネ20:19〜29)

2020年4月19日 復活節第2主日礼拝



19 その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちがいたところでは、ユダヤ人を恐れて戸に鍵がかけられていた。すると、イエスが来て彼らの真ん中に立ち、こう言われた。「平安があなたがたにあるように。」20 こう言って、イエスは手と脇腹を彼らに示された。弟子たちは主を見て喜んだ。21 イエスは再び彼らに言われた。「平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わされたように、わたしもあなたがたを遣わします。」22 こう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。23 あなたがたがだれかの罪を赦すなら、その人の罪は赦されます。赦さずに残すなら、そのまま残ります。」24 十二弟子の一人で、デドモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。25 そこで、ほかの弟子たちは彼に「私たちは主を見た」と言った。しかし、トマスは彼らに「私は、その手に釘の跡を見て、釘の跡に指を入れ、その脇腹に手を入れてみなければ、決して信じません」と言った。26 八日後、弟子たちは再び家の中におり、トマスも彼らと一緒にいた。戸には鍵がかけられていたが、イエスがやって来て、彼らの真ん中に立ち、「平安があなたがたにあるように」と言われた。27 それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしの脇腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」28 トマスはイエスに答えた。「私の主、私の神よ。」29 イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ないで信じる人たちは幸いです。」
(口語訳。礼拝では新改訳2017)


「信じる者は幸い」
ヨハネの福音書に、主の復活後の出来事が書かれています。
25節。トマスは「(イエスの)釘の跡に指を入れ、その脇腹に手を入れてみなければ、決して信じない」と言いました。残酷な言葉です。なぜこんなことを言ったのか、彼の思いは聖書に書かれていないので、推し量るしかありません。
 「トマスは疑り深いからそんなことを言った」と言われることもあります。しかしトマスは主を疑わずに従う忠実な弟子としてヨハネの福音書で書かれています(11:16参照)。他の弟子たちの方がもっと疑り深いとも言えます(20:9参照)。ですからトマスの発言を疑り深さと結びつけるのは聖書の真意とは違うのでしょう。
 また後にトマスが主と出会ったときに、トマスは主の傷に指を入れませんでしたから(28節)、それが彼の望みだったわけではないでしょう。

 ではなぜトマスは「釘の跡に指を入れ、その脇腹に手を入れてみなければ、決して信じない」と言ったのでしょうか。そこは文脈から類推するしかありません。この箇所でトマスが他の弟子たちと大きく違うところは、他の弟子は主と会えたのに、トマスだけが主と会えなかったことです。まるで日曜日に、皆は熱心に礼拝を献げているのに、自分だけが喜びもなくポツンとひとり寂しく過ごしている人のようです。
 トマスは疎外感を感じていたのでしょう。かつて主は「あなたがたを見捨てて孤独にはしない」と言ったのに(14:18参照)、自分は主に見捨てられたと思い、深く傷ついたことでしょう。
 次の週、他の弟子たちから「私たちは主と出会った」と次々に言われて、トマスは自分が主と出会っていないことを責められているように感じ、心がえぐられていったのかもしれません。「主の傷に指を入れ、傷跡をえぐらなければ信じない!」というトマスの発言の中に、トマスの心の傷の深さが見えます。トマスは私たちかもしれません。

 次の日曜日、主はトマスに現れました(26節)。主はトマスを見捨ててはいませんでした。トマスに落ち度があったのではありません。主がいつ誰と会うかは主がお決めになることです。ただそれだけなのです。

 主はトマスに言いました。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい」(27節)。主はトマスの思いをご存じでした。「あなたの傷が癒やされるなら、わたしはよろこんで傷をえぐられよう」とでも仰っておられるかのようです。
 トマスは変わりました。自分の痛みと重ねることで、主の傷の痛みを知ったのです。主の傷の痛みはこの私のためであったのだと分かりました。他人の痛みを自分の痛みとして分かるときに、人は変えられていくのです。これはそういうお話しです。

 主の言葉は主の愛と恩寵の表れです。トマスは主の愛と恩寵を信じました(28節)。

 「見ないで信じる人たちは幸いです」(29節)と主は言われました。「たとえ主が見えなくても、たとえ明日が見えなくても、主はあなたを見捨ててはいないと信じなさい」。そう私たちにも呼びかけられています。
「どこにいようと、どんな状態になろうと、たとえ部屋に閉じこもっていたとしても、主はいつも共にいてくださる」そのように信じられる人は幸いです。

 最初の日曜日、トマスが復活の主に会えなかったのは、そこにトマスが「いなかった」とだけしか書かれていません(24節)。それ以上の理由は分かりませんし、詮索しても意味がないでしょう。

 私は以前、他の説教者達と同様に、トマスがそこにいなかったことを問題視していました。そして会堂礼拝に集まらないクリスチャンたちを想定し「会堂礼拝に来ないとトマスのようにイエスに会えない」というメッセージをしたこともありました。そのことを今は深く恥じております。申し訳ありません。

 9年前に東日本大震災があって、会堂に集まることの意味が問われました。そして今、このような状況になって、会堂に皆が集まることの意味が改めて問われております。私も模索中です。
 ただ、一つだけ言えることは、主が会ってくださるかどうかは、私たちが決める問題ではなく、主の一方的な恩寵だということです。会堂に集まらなければ主に会えないわけではありません。

 もちろん私たちは、教会の皆が集まるところに主がおられると信じています(マタイ18:20参照)。そして教会皆で決めたことに最善を尽くして果たすことを大切にしています。それが軽んじられてよいわけではありません。
 しかしそうできないときもあります。集まることのできない人のことを、集まることのできている人が裁くことなどできません。私たちもいつ、どうなるか分からないのです。
 私たちがなすべきことは、ただただ、互いに励ましつつ、最善を尽くすように互いに努力を促しつつ、集まることのできない人のことを理解し、裁かず、ただ祈ってその時を待つ。それが教会でしょう。それが神の前における誠実さでありましょう。

 最後に言います。今、私たちは会堂に集まることができません。今は皆がトマスの位置にいるのです。それでもこうして礼拝が献げられていることを、ただただ主の恩寵と信じ、主に感謝を献げたいのです。




今世界は不安と恐れの中にある。復活の主を仰ぎ、平安をいただこう。希望を抱き、互いの命を大切にしつつ、それぞれの地上の歩みを責任をもって全うしよう。


posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | 礼拝説教 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。