2020年03月15日

愛をささげる(ヨハネ12:1〜8)

2020年3月15日 四旬節第3主日礼拝

1 過越の祭の六日まえに、イエスはベタニヤに行かれた。そこは、イエスが死人の中からよみがえらせたラザロのいた所である。2 イエスのためにそこで夕食の用意がされ、マルタは給仕をしていた。イエスと一緒に食卓についていた者のうちに、ラザロも加わっていた。3 その時、マリヤは高価で純粋なナルドの香油一斤を持ってきて、イエスの足にぬり、自分の髪の毛でそれをふいた。すると、香油のかおりが家にいっぱいになった。4 弟子のひとりで、イエスを裏切ろうとしていたイスカリオテのユダが言った、5 「なぜこの香油を三百デナリに売って、貧しい人たちに、施さなかったのか」。6 彼がこう言ったのは、貧しい人たちに対する思いやりがあったからではなく、自分が盗人であり、財布を預かっていて、その中身をごまかしていたからであった。7 イエスは言われた、「この女のするままにさせておきなさい。わたしの葬りの日のために、それをとっておいたのだから。8 貧しい人たちはいつもあなたがたと共にいるが、わたしはいつも共にいるわけではない」
(口語訳。礼拝では新改訳2017)



「あなたはわたしを愛していますか」(ヨハネ21:16)の声を背後に聞きつつ、今日の説教を語る。

ベタニア村のマリアが、イエスに高価なナルドの香油を注いだという話である。

時は過越の祭りが目前に迫った頃である(1節)。過越の祭りとは、かつてエジプトで奴隷状態にあったイスラエルの民を神が救済してくださった出来事を記念する祭りである(申命記16:1)。

子羊の血によって先祖が救済されたように、過越の祭りでは一匹の子羊がいけにえとして屠られることになっている(出エジプト12:13)。

イエスは、すべての人を罪の奴隷から解放し、まことの安住の世界に導く神の救いのみわざを成し遂げるために、いけにえの子羊になろうとしている。そのために十字架にかかる。そのためのエルサレムに向かっている。しかしそのことを本当の意味で分かっている人はイエス以外だれもいなかった。

ベタニア村のマリアも、イエスがエルサレムに向かっていることの意味を本当に分かっていたわけではないだろう。ただ、少なくとも彼女は、イエスが自分達にしてくださったことに感謝していたことは間違いない。病気で若くして急逝した弟のラザロをイエスはよみがえらせてくださったからである(1節)。

マリアはイエスの足もとに座り、イエスの足に非常に高価な香油を注いだ。一リトラすなわち300グラムで300万円もする非常に高価な香油を惜しげもなくイエスに注いだ。それは彼女のイエスに対する感謝と愛を表すことであった(3節)。

イエスはマリアの行いに意味を与えられた(7節)。イエスは私たちの愛の行いに意味を与えてくださるお方である。

我々はこの箇所でマリアにばかり注目するが、姉のマルタや弟のラザロのことも見落としてはならない。
姉のマルタもイエスをもてなしていた(2節)。マルタも自分ができる仕方で、マルタなりに精一杯、イエスに対する感謝と愛を表していた。

弟のラザロも、人々の中にいてイエスを証ししていた(2節)。ラザロは存在することでイエスを証ししていたのである。ラザロも自分ができる仕方で、ラザロなりに精一杯、イエスに感謝と愛を表していたのである。

そして、おそらくナルドの香油は、マルタ、マリア、ラザロの三きょうだいが仕事をして稼いだお金を貯めて買った物だろう。彼らのイエスに対する愛が伝わってくる。

マルタ、マリア、ラザロの三きょうだいは、協力したり、あるいはそれぞれが自分にできる仕方でイエスに愛を献げたのである。愛を献げるとはそういうことである。比較の問題ではない。方法の問題ではない。

しかしそれを非難する者たちもいた(6節)。この世の中には他人の愛の行為を非難する人々は一定数いる。時にはそれが身近な人間であったりもする。

ここにはイスカリオテのユダのことだけが記されているけれども、他の福音書では他の弟子達もマリアを非難したことを記している(マタイ26:8、マルコ14:4)。

貧しい人々のためにすることと、イエスのためにすることは、比較の問題ではない。しかし時として、人は比較として不適切なことを言ってしまうものである。
損得感情や周りからの評価を気にするときに、愛は曇って見えなくなる。そのことをこの箇所から教訓として教えられる。

イエスは彼らの愛の献げものを喜んでおられる。イエスはそのようなお方である。
私たちも招かれている。「あなたも神に感謝できる。愛をささげることができる。あなたはあなたができることをあなたができる仕方で、神を愛することができる」私たちは今、そのように招かれている。


posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | 礼拝説教 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。