2011年03月24日

【各教会の状況(2011年3月22日現在)】

同盟教団ニュースより転載
牧師・信徒の消息について心配をいただいていますが死傷者はいません。避難者は事務所宿泊がピーク時9人、原町の方々が相馬に10人、いわきの方々は半数位が各地に避難しています。

  【東北宣教区】
1、青森シオンキリスト教会:浜田献先生。先生も家族も無事。建物も被害なし。青森市内停電が復旧。メール連絡可能に。小湊の東頭先生と連絡取り合っている。
2、小湊キリスト福音教会:東頭先生家族、教会無事。
3、盛岡みなみ教会:大塚史明先生は18日に盛岡に戻り20日は礼拝を行う。教会員全員の安否を確認。海岸方面を視察。22〜28日OMFの宣教師8名が教会を拠点に活動。
4、仙台のぞみ教会:秋山善久先生。ガソリン不足で信徒は近くの教会で礼拝。20日は他教会員を含め10人で礼拝、軽井沢キリスト教会からの支援車と共に気仙沼キングスガーデンに物資を届けた。http://www.geocities.jp/keyaki_910/index.html
5、聖十字架福音教会:布山真理子師、本人教会無事、職員の方々の疲労はたまっている。建物
の被害は、会堂のエレベーター故障、牧師館にひび、納骨堂のドア故障など。現在、教会
近辺は断水中で、職員の方が水を運んでいるが近日中には復旧の見通し。市内のスーパー
はほとんど閉店か、店を開けても短時間で閉まってしまう状態。ガソリンも不足と被爆に
対する心配がある、健康が守られるように。山村、鈴木両師訪問
6、二本松福音の家教会:中西行一牧師は無事。室内は食器等が散乱。山村、鈴木訪問
7、好間キリスト福音教会:平井直彦先生、猪股俊平先生。平井先生は奥様の闘病のため一時避難をしているが、27日は礼拝に戻る予定。
8、湯本キリスト福音教会:会堂は少し壁が崩れる程度で大丈夫。日曜日はほとんどの信徒の方が集まって礼拝と祈りをささげた。
9、内郷キリスト福音教会:金成師夫妻は須賀川の日本イエス・シオンの丘キャンプ場に滞在中。
 そこからいわき市内への支援の働きを始めている。
10、勿来キリスト福音教会:住吉英治先生。20日は4人で礼拝。傷んだ会堂に余震で被害が拡大しないように。
11、原町キリスト福音教会:金成先生兼牧。信徒は相馬キリスト福音教会に避難中。
12、相馬キリスト福音教会:後藤一子先生。原町キリスト福音教会のメンバー10名前後が避難
生活をしている。20日は原町の信徒10名を含む17人で礼拝。19日夜に水道が復旧した。
風邪気味の人がいる。下着や風邪薬が必要。朝岡、辻浦両師が訪問。
13、高萩キリスト福音教会:大平健次先生。会堂玄関のガラスが割れ、建物外壁に亀裂がはいっていた。断水状態が続いていた。
14、磯原キリスト福音教会:生亀俊一先生。会堂二階の牧師館部分は使用不可、一階礼拝堂で生活。ライフラインは復旧。28日以降は横浜の病院で透析し、土日は教会に戻り礼拝の奉仕をする。
15、那須高原教会:近藤秀夫先生。無事です。教会が避難場所になる可能性あり
   【常磐宣教区】
16、いわきキリスト教会:教会員は全員無事だが津波の被害で避難している方々が多い。増井先生は平和台といわきを行き来しつつ信徒のケアをしている。
17、日立福音キリスト教会:郷津裕先生。ガソリン不足の中、半数くらいで礼拝。教会墓地は土台に亀裂が入るなど被害。
18、ひたち光教会:ユンビョンカブ先生。20日は皆が集まり礼拝。破損した礼拝堂の修理も皆で行っている。
19、東海福音キリスト教会:猿田富士子先生。別棟の牧師館も破損。猿田先生は単身で、教会員も被災している。朝岡、吉持両師が扉や机等の重いものを、さらに鈴木七絵、美絵先生、吉持兄が片づけを手伝い、救援物資(米・水・紙食器類等)を渡した。
20、水戸福音キリスト教会:小林望先生夫妻元気。ライフラインは全て復旧済み。会堂は所々にクラックが入り、物が落ち食器が散乱した。
21、土浦めぐみ教会:敷地の地盤沈下。水道は徐々に復旧。福島方面から避難される方と救援物資を送り出すための中継地点となっている。

同盟教団311地震対策本部
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192568205
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック