2010年09月02日

伊那聖書教会略史

前史

1595年(文禄4年)飯田城主京極高知が高遠で宣教師より洗礼。領民にキリシタン増。
1643年(寛永20年)中沢郷中曽倉(現駒ヶ根市)の四郎左衛門がキリシタンとして処刑。
1879年(明治12年)日本基督一致教会の神学生らによる高遠伝道。
1880年(明治13年)メソジスト教会松本教会と飯田教会による継続的な上伊那伝道。
1884年(明治17年)伊那坂下教会設立(現日本基督教団伊那坂下教会)。
1945年(昭和20年)終戦。

伊那聖書教会史

1952年(昭和27年)TEAM宣教師ミルドレット・スイフトとフィリス・チェンバレンが伊那伝道、高遠伝道を開始。古い集乳所を宣教師館として購入。P.チェンバレンは松原湖バイブルキャンプの働きを兼任。
1955年(昭和30年)P.チェンバレンが松原湖バイブルキャンプに転任。
1956年(昭和31年)TEAM宣教師ウィリアム・ソントン夫妻赴任、M.スイフトと共に伝道。
1958年(昭和33年)新任の藤後朝夫が初代牧師就任。「伊那聖書教会」と命名。
1959年(昭和34年)W.ソントン夫妻帰国。TEAM宣教師クララ・ロビンソン赴任。
1960年(昭和35年)日本同盟基督教団に加入。
1962年(昭和37年)TEAMが伊那宣教から撤退。M.スイフトとC.ロビンソンは長野へ転任(長野福音教会と安茂里聖書教会)。TEAMより宣教師館を会堂として購入。
1975年(昭和50年)会堂改修。
1978年(昭和53年)藤後朝夫が豊川に転任。北條和人が佐渡金井より第二代牧師として就任。
1991年(平成3年)北條和人が小竹町聖書に転任。城村英樹が豊川より第三代牧師として就任。
1992年(平成4年)新会堂献堂式。
2003年(平成15年)城村英樹が牧師辞任、退団。教団事務主事の西澤廣美が管理者、説教者として来会。新任の大杉至が第四代牧師として就任。
posted by 管理人 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 教会基本情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前史にキリシタンのことから書いてあることに、感じ入りました。
Posted by miz at 2011年11月27日 21:51
直接のつながりはないかもしれませんが、少なくとも無関係ではないだろうと思いまして。
Posted by 伊那谷牧師 at 2011年11月28日 06:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック