2010年01月29日

神の道をもっと正確に教える

さて、アレキサンデリヤ生れで、聖書に精通し、しかも、雄弁なアポロというユダヤ人が、エペソにきた。この人は主の道に通じており、また、霊に燃えてイエスのことを詳しく語ったり教えたりしていたが、ただヨハネのバプテスマしか知っていなかった。彼は会堂で大胆に語り始めた。それをプリスキラとアクラとが聞いて、彼を招きいれ、さらに詳しく神の道を解き聞かせた。(使徒18:24〜26、口語訳)
使徒の働きの中に、伝道者アポロに関する短いエピソードが記されています。アポロはエペソ、次いでコリントで伝道の働きをしました。アポロの入信や献身の経緯は不明ですし、彼を送り出した教会も不明ですが、彼にも伝道者としての志と知識と力があったことは確かです。アポロの雄弁さは彼の能力と教養を表すのでしょう。そして霊に燃え、感情表現も豊かな人物でありました。

アポロはエペソでイエスさまのことを語っていました。彼が言うことに嘘はなかったようですが、ただ重要な教えが欠けていました。「ヨハネのバプテスマしか知らなかった」とあります。これはバプテスマに関して、「イエスの名によるバプテスマ」(19:5)を知らなかった、ということでしょう。彼が具体的にどういう理解をしていたのか、またどういうふうに語っていたのかはそこには書かれておりませんので想像するしかありません。ヨハネのバプテスマは悔い改めが強調されるのに対して、イエスの名によるバプテスマは、神の子とされる恵みが強調されると言えるでしょう。またイエスの名によるバプテスマには賜物としての聖霊が与えられることが伴います。19:2にはそのことが問題となったことが記されています。キリスト論、聖霊論、礼典論に関して、重要な欠落があったかも知れません。アポロのメッセージは、普通のクリスチャンが聞けばかなり違和感を感じる内容だったと思われます。会堂でアポロの話す内容を聞いていたプリスキラとアクラにとって、見過ごすことのできないメッセージ内容でありました。彼らはアポロを(おそらく自宅に)招いて、アポロが知っているよりももっと正確に(詳しく)教えました。プリスキラとアクラに教わって、アポロはもっと力強く聖書から語ることができ、それは教会にとっても大きな力となっていきました。

クリスチャンが互いの欠けを負い合うということは非常に大切なことです。もしアポロが己の立場や知識に高ぶって、プリスキラとアクラから教わることを拒んだのなら、彼には成長することができなかったでしょうし、その後に用いられることもなかったでしょう。そういう意味で、伝道者アポロがプリスキラとアクラを見下さず謙遜にその教えを聞いたことはとてもよいことでありました。またプリスキラとアクラも、伝道者に教えることをためらったり、見過ごしたりせずに、アポロに教えたことはよいことでありました。そして彼らが会堂で会衆の面前でアポロの欠けをなじったりせず、個人的に招いて教えたことは、やり方としても丁寧でありました。

もしアポロも、プリスキラとアクラも、自分たちのメンツや立場だけを考えていたなら、決してこんなことはできなかったでしょう。しかし両者とも、自分たちのことよりも主の宣教のことを考えていたことでしょうし、それが信徒が伝道者に教えることを可能にしたのでしょう。そしてそこに神の御心があり、聖霊のお力添えがあったのでしょう。

この箇所は今日の私達にとっても通じるエピソードとなります。とかく教えたがる人は、逆に人から教えられたり、忠告されることが苦手になりがちです。教える人こそ謙虚でありたいものです。また信徒が伝道者の語る内容の過ちを忠告するに際して、変な遠慮や罪意識を持つ必要はないでしょう。むろん程度の問題もありますし、また忠告の仕方も在るでしょう。それはこの箇所から学ぶことができます。伝道者に限ったことではなく、互いの事柄として、この箇所に学びたいものです。そして伝道者を育てていくのも教会の働きであることを覚えて、私達の祈りといたしましょう。

(1/27水曜祈祷会より)
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートメッセージ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック